世界を身近に、ICTで未来をつなぐ
株式会社クレアリンクテクノロジー

OASIS ebMS2.0/3.0通信ライブラリ

OASIS ebMS2.0/3.0通信ライブラリ

ebXML Message Service (ebMS) は、ebXMLの仕様のひとつで、企業間の電子商取引でやりとりするメッセージをインターネットを通じて安全かつ正確に伝送するためのトランスポート仕様です。OASIS ebXML Messaging Services技術委員会で仕様策定が行われています。ebMSはSOAPをベースとしており、安全性や信頼性を確保するための機構として、メッセージが確実に通信相手に届いたかどうかを保証する信頼性通信を受領通知、リトライ、重複除去などのプロトコル機能をサポートしています。Server-Server型での手順を仕様化したebMS2.0 (2002年) が、OASIS標準として承認されたのち、ISOに提出され、ISO/TS 15000-2として承認されました。また、2007年にOASIS標準となったebMS3.0では、Client-Server型の通信を実現するプル型メッセージングが追加されました。これにより、自社に常時接続型のサーバを設置できない中小企業、小規模小売業などへの導入が容易になると期待されています。ebMSは、Webサービスなどで利用されるRFC等の標準仕様との整合性が高く、高い互換性の実装を確保しやすい規約となっています。

■ X-CORE Message Server ebMS2.0 機能仕様

Function Description ebMSv2
Requirement
Level
対応状態
集信 配信
TRANSPORT ■ebMSv2
ebXML Packaging MSG 2.1メッセージパッケージング REQUIRE
Core Extention MSG 3 MessageHeader処理およびManifest処理 REQUIRE
Error Handling Module MSG 4.2 エラー処理機能 REQUIRE
Sync Reply Module MSG 4.3 同期応答機能 REQUIRE
Reliable Message Module MSG 6 高信頼性通信機能 OPTIONAL
Reliable Message Module
Extention1
通信機能の制御設定(Ack要求設定) OPTIONAL
Reliable Message Module
Extention2
通信機能の制御設定
(Ack要求無視設定、重複検査要求無視設定、重複検証期間設定)
ADDTIONAL
Message Status Service MSG 7 電文状態確認機能 OPTIONAL
Message Service Handling
Ping Service
MSG 8 サービスPING機能 OPTIONAL
Message Order Module MSG 9 メッセージ順序性保証機能 OPTIONAL
Multi-Hop Module MSG 10 マルチホップ機能 OPTIONAL
CPA Analyzer Module CPPAに定められるCAPの解析とMSGとの連携(必要なもののみ) OPTIONAL
CPA Analyzer Module
Extention
CPA設定方法の拡張(CPA/CPAリストの再ロード機能追加) ADDTIONAL
Proxy Module プロキシ対応(集信側はプロキシ経由受信) ADDTIONAL
Sync Error
Acknowledgement Module
メッセージエラー発生時のAck応答対バックエンド同期機能 ADDTIONAL
SECURITY ■ebMSv2
Security Module MSG 4.1 セキュリティ機能(署名検証など) REQUIRE
Security Module Extention1 署名検証に使用する電子証明書をパートナーごとに切り替える ADDTIONAL
Security Module Extention2 応答メッセージ(Acknowledgement)への署名を制御する ADDTIONAL
HTTPS(SSL) ServerAuthentication SSLサーバー証明書に対応した通信(集信時、WASの実装を使用) OPTIONAL -
HTTPS(SSL) Server Authentication
by Partner
パートナーごとにサーバ認証時の連鎖ルート証明書を使い分ける(配信時) ADDTIONAL -
HTTPS(SSL) Client Authentication SSLクライアント証明書に対応した通信 OPTIONAL
HTTPS(SSL) Client Authentication
by Partner
パートナー毎にクライアント証明書と連鎖ルート証明書を使い分ける ADDTIONAL
HTTP(S) Basic Authentication ベーシック認証を行う OPTIONAL
HTTP(S) Basic Authentication
by Partner
ベーシック認証をパートナーによって有効/無効を切り替えて行う ADDTIONAL
XML-Signature メッセージ署名機能、Ackメッセージ署名機能 REQUIRE
XML-Encryption メッセージ暗号化機能 REQUIRE
OTHERS ■ebMSv2
ebMSv2 Message Transaction DB for DB2 メッセージトランザクションデータベースのDB2実装への変更 ADDTIONAL
MSH/MSI Logging Extention ログ出力内容追加 ADDTIONAL


■ X-CORE Message Server ebMS3.0 機能仕様

Function Description ebMSv3
Requirement
Level
対応状態
集信 配信 Client
TRANSPORT UserMessage Packaging UserMessageパッケージング実装
SignalMessage Packaging SignalMessageパッケージング実装
SOAP Attachement SOAP Attatchment(添付ファイル)実装
Error Handling Module エラー処理モジュール
Messaging Module メッセージ通信機能(One-Way/Push, One-Way/Pull)
Sync Messaging Module ※1 同期メッセージング通信機能(Two-Way/Sync)
Other Messaging Module ※1 その他メッセージング通信機能(Two-Way/Push-and-Push,
Two-Way/Push-and-Pull, Two-Way/Pull-and-Push)
Reliable Message Module 高信頼性通信機能(再送制御、応答確認) × × ×
Party Box Module パーティ毎のメッセージボックス機能
Client CLI Module ebXML v3クライアント
コマンドラインインターフェース
SECURITY HTTPS(SSL) Server Authentication SSLサーバー証明書に対応した通信
HTTPS(SSL) Client Authentication SSLクライアント証明書に対応した通信 × × ×
HTTP(S) Basic Authentication ベーシック認証を行う × × ×
Signing Module メッセージ署名機能、Ackメッセージ署名機能 × × ×
Encrytion Module メッセージ暗号化機能 × × ×
OTHERS Message Persistence メッセージ永続化機能
(メッセージデータおよびパラメータの記録・保管)
× ×
MSH Logging Extention サーバログ出力実装
MSH Client Logging Extention クライアントログ出力実装

◎:対応済 ×:対応予定無 -:実装スキームなし △:別途相談 □:一部実装機能 ◇:WASもしくは実行環境の実装を使用
REQUIRE:プロトコル規定において実装が必須とされている項目
OPTIONAL:プロトコル規定において実装がオプションとされている項目
ADDITIONAL:プロトコルに規定がない項目(製品固有項目)
※1) 通信試験手順が複雑になる可能性があるため仕様を確認。