TOPページ > 課題・事例 > WANが抱える課題

WANが抱える課題

企業を悩ませる多くの通信劣化要因

ネットワークの広帯域化により、回線パフォーマンスを充分に発揮できない状況がより顕在化しています。通信劣化要因はさまざまありますが、TCP/IPの通信の仕組み上、ネットワーク遅延とパケットロスが主な要因となり、大幅な通信劣化を引き起こします。

 

通信劣化要因

 

100Mbpsの回線でのスループットの変化イメージ

回線遅延による通信効率の低下

回線帯域100Mbpsあっても有効活用されていません

パケットロスによる通信効率の低下

パケットロスの発生でさらに通信効率が低下します

 

これらの問題を解消するために開発されたのが、WANアクセラレータ「RAPICOM」シリーズです。ネットワークの品質をグレードアップし、強く・より速く・より安定的に通信回線を向上させます。詳しくは下記をご覧ください。

 

最適化技術(xTCPエンジン)