TOPページ > 製品 RAPICOM > Client Connectivityとは

Client Connectivityとは

Client Connectivity (クライアント コネクティビティ)の概要

クライアントコネクティビティとは、同時に最適化させるコンピューターの数が購入ライセンス数の範囲であれば、いつでも自由に利用することができるライセンス形態です。

ライセンスがセットされていないRAPICOM seed からの通信接続に対して、ライセンスの一時的な割り当てを行い、接続を許可するための集中管理を実現します。同時最適化数で接続管理されるため、利用の可能性のある端末にソフトウェアを配布し、必要な場合にのみ利用することができます。

RAPICOM seed Client Connectivity Licenseを利用しない場合/した場合の例
ライセンスの形式
RAPICOM seed Client Connectivity License
を利用しない場合
PC5台分のライセンスを購入し、5台のPCにインストールすると、5台全てで同時に利用可能(その5台以外では利用できない)。それぞれのPCの稼働率が高い場合に適している。いつでも同時にソフトウェアを利用できるのがメリットだが、各PC用にライセンスを購入、適用する必要がある。
RAPICOM seed Client Connectivity License
を利用した場合

PC5台分のライセンスを購入した場合でも、5台以上のPCにインストールできる(同時に利用できるのは5台まで)。1台のPCの占有率が低い場合に適している。同時でなければどのPCからでも最適化できる点や、導入のコストを抑えられる場合が多い(一部ケース除く)のがメリット。

RAPICOM seed Client Connectivity License適用可能モデル

以下のモデルでRAPICOM seed Client Connectivity Licenseが適用可能です。

モデル 対応OS
ソフトウェア版 RAPICOM seed Gateway for Linux Linux Server
RedHat6,7/ CentOS6,7
RAPICOM seed Server for Windows Windows Server
2012R2/2016
RAPICOM seed Server for Linux Linux Server
RedHat6,7/ CentOS6,7

「RAPICOM seed Client Connectivity License」は、評価版を発行可能です。下記のボタンのお問い合わせフォームよりお申込みください。