TOPページ > 製品 RAPICOM > RAPICOM seed Gateway

クラウド環境やVM環境でゲートウェイ方式での導入を実現!

ゲートウェイ方式でのWAN最適化をソフトウェア版「RAPICOM seed」で実現しました。ソフトウェア化により、機器の持ち込みが難しかった海外拠点やクラウド環境、VM環境にも導入いただけるようになり、利用シーンが拡大しました。「RAPICOM seed」の各種モデルとの相互接続も可能。ネットワーク環境に合わせた自由な組み合わせを実現します。

RAPICOM seed Gateway for Linux の価値

ゲートウェイ方式により複数のホストを対象とした高速化を実現

高い通信性能を求めた自由なハードウェア選択が可能 ― 1Gbps超の性能も対応

VM環境(仮想サーバ)にも対応し障害発生時の復旧も視野に入れた構築が可能

Linuxのサポートによりパブリッククラウドの多数の実績あるプラットホームへ適用可能

Linux RPMパッケージで提供し簡単セットアップ

「RAPICOM appliance」「RAPICOM seed」の各種モデルとの相互接続によりWAN最適化を自由に組み合わせ

●評価版をご用意しています。お問い合わせフォームよりお申込みください。

RAPICOMシリーズ 最適化可否

「RAPICOM seed Gateway for Linux」は、以下の組み合わせでRAPICOMシリーズ各モデルとの最適化が可能です。

モデル Gateway Server Client
RAPICOM seed Gateway

全てのTCP 通信の最適化が可能
RAPICOM seed Client からのTCP 接続を開始した双方向の通信に対して最適化が可能
最適化不可(標準のTCP 通信となります)

RAPICOM seed for Gateway Linux版は、アプライアンスのご用意もしております。詳しくはお問い合わせください。

RAPICOM seed for Gateway Linux 評価版

評価ご希望の方は、下記のお問い合わせフォームよりお申込みください。

お問い合わせフォームはこちら