世界を身近に、ICTで未来をつなぐ
株式会社クレアリンクテクノロジー

Smart Sight | HpVT Toolkit & SDK

高品質リアルタイム映像伝送

モバイル通信に対応した高品質リアルタイム映像伝送を実現

Smart Sightは、リアルタイム映像伝送のためのHpVTテクノロジーと、映像のエッジ解析のためのフレームワークを提供します。HpVTは、4G/LTEモバイル通信環境など高遅延・狭帯域通信環境での、高品質リアルタイム映像の伝送を実現したIP通信プロトコルです。また、ソフトウェア開発キット(SDK)によって、映像解析処理などのプラグインを開発することにより、機械学習や各種映像解析アルゴリズムによるVisual IoTを実現できます。
Raspberry Piに対応しています。

写真は、当社Raspberry Pi/CM3対応キャリアボードを搭載した機器に、Smart Sightを搭載した機器のイメージです。
 本Smart Sightは、ソフトウェア製品であり、ハードウェアは含んでおりません。

映像を活用した新たなIoTの扉を開く
Visual IoTのためのToolkit & SDK

高性能なビデオ処理チップを内蔵したRaspberry Piを採用することで、ビジュアル・エッジコンピューティングを身近にします。映像処理フレームワークとして利用でき、オープンソースの代表格であるOpenCV 2/3と容易に連携できます。

エッジコンピューティングによるリアルタイム解析を身近に

HpVTのリアルタイム伝送の特徴
リアルタイム性を重視した低遅延の動画再生
実時間との再生遅延やジッターをフレーム単位で自動補正し、映像の途切れや急激なコマ飛びを抑制
通信帯域の変化に応じて動画ビットレート・フレームレートの動的な適応制御を実現
ロボットやドローンなどの遠隔映像取得などにも活用可能
通信回線による映像品質劣化を抑制
通信回線の状態をモニタリングし、映像フレームのパケット化、バッファリングの制御を工夫することで、回線品質が変化するモバイル網での品質を向上
前方誤り訂正(FEC)により、ネットワーク上でのロスパケットを復元
カメラ側(エッジ側)で必要な画像処理、データ処理、情報抽出を支援
映像を取ったその場で解析処理を実現するための情報抽出と連携を可能に!
抽出情報によりAR(拡張現実)などを活用した再生側での視覚的表現を実現可能
HpVT Toolkit & SDK 主要機能
撮像
  • 動画/静止画撮影
  • 解像度設定(最大1920×1080ピクセル)
  • カメラフレームレート設定(1~60fps)
  • 静止画(JPEG)品質の設定
  • 拡張AWB
    ※弊社が提供するRaspberry Pi Camera Module向けオートホワイトバランス機能
  • その他、各種パラメータ操作
伝送
  • H.264 エンコード/デコード
  • ビットレート設定(20kbps~20Mbps)
  • 動画フレームレート設定(1~60fps)
  • パケットサイズ設定
    ※自動・手動設定
  • 回線状態適応制御 
    ※ビットレート・動画フレームレートの自動制御設定
  • 前方誤り訂正(FEC)
    ※10段階設定
  • フィードバックパケット量制御
  • HDMIプレビュー表示
    ※送信側カメラ映像プレビュー表示
  • メタ情報データ送信
保存
  • H.264可変フレーム保存(撮像・再生)
  • メタ情報保存(撮像・再生)
  • 保存映像再送信
映像解析インターフェース
  • OpenCVイメージ
  • 映像フレームのルーティング
  • クロップ
AR(拡張現実)インターフェース
  • OpenVG描画 など
性能

Raspberry PiハードウェアH.264エンコーダを活用
・最大解像度1920×1080 30fps対応(Raspberry Pi 3利用時)
解像度1280×720 以下の場合 60fps対応

対応機器:Raspberry Pi 2/3 Raspberry Pi zeroシリーズ
※Raspberry Pi zeroを使用する場合は、高解像度、高フレームレートでの映像伝送にプロセッサ能力が不足する場合があります。また、プロセッサ性能の限界により、映像解析等の利用には、高性能なRaspberry Pi3を推奨します。

研究開発・ビジネスにも使いやすいライセンス&サポート

非商用利用・研究開発利用向け:開発・利用ライセンス(無償)
商用開発利用向け:開発ライセンス(無償) + 技術&開発サポート(有償)
商用ライセンス:利用ライセンス + サポート(有償)
※詳しくは、当社Smart Sight/HpVT担当営業までお問い合わせください。

大規模システムにも対応可能なスケーラビリティと機能性

送信側、受信側それぞれで、映像データをメタ情報とともに保存
別売品のM12/CSなどのCCTVレンズ向けカメラマウントを利用して高性能なRaspberry Piカメラのレンズ選択の幅を拡大
P2PやWebSocketによる接続性の確保と、マルチカメラ&マルチ受信システムによる大規模利用のためのクラウド環境(現在ユーザ限定β評価中、2018年度にリリース見込み)
多数配備されたRaspberry Piを効率よく遠隔管理するためのハードウェア、および、ソフトウェア(開発中、2018年度にリリース見込み)